ヘルナンデス 投手史上最高額7年162億円で合意

[ 2013年2月9日 06:00 ]

7年1億7500万ドルでマリナーズと契約延長に合意したヘルナンデス

 マリナーズのフェリックス・ヘルナンデス投手(26)が7日(日本時間8日)、7年総額1億7500万ドル(約162億7500万円)で契約延長に合意した。ヤンキースとサバシアが10年から結んだ7年総額1億6100万ドル(約149億7300万円)の契約を抜き、投手として史上最高額の契約となった。

 ヘルナンデスは05年のメジャーデビューから、マリナーズ一筋でプレー。09年に19勝で最多勝、10年は13勝12敗、防御率2・27でサイ・ヤング賞を受賞した。低迷するマ軍の屋台骨を支える右腕は、昨年8月には完全試合も達成。大リーグでは、投手の大型契約は左腕に偏る傾向があった。しかし、今オフはドジャースがグリンキーと6年総額1億4700万ドル(約136億7100万円)で契約したのに続いて、またも右腕が大型契約を勝ち取った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月9日のニュース