木佐貫131球、大引特打 移籍組がハッスル

[ 2013年2月9日 19:15 ]

ブルペンで投げ込む日本ハム・木佐貫

 オリックスから日本ハムに移籍した木佐貫と大引が精力的に汗を流した。

 先発ローテーション入りが期待される木佐貫はブルペンで予定を大きく超える131球を投げ込んだ。「体調は万全」という右腕に、ボールを受けた鶴岡も「コントロールがいいし、球持ちもいい」と驚いた様子だった。

 大引は全体練習後に特打を行った。「(調整は)まあまあですね。実戦の球にどれだけ対応できるかやってみたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月9日のニュース