犬のせいで単身赴任 バーリー愛犬が入国禁止に

[ 2013年2月9日 06:00 ]

 マーリンズから交換トレードで加入したメジャー174勝左腕バーリーが、犬が理由で単身赴任することになった。

 当初は家族全員で本拠地トロントに引っ越す予定も、4匹飼っている犬のうちピットブル(闘犬)の「スレーター」が入国禁止に。トロントのあるカナダ・オンタリオ州が同種を禁止しているためで、家族会議の結果、ジェイミー夫人は愛犬を手放すことを拒んだという。昨年もマ軍の本拠地マイアミが同種を禁止していたため、片道30分かけて郊外から通勤していた左腕。「仕方がない」とため息をついていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月9日のニュース