オリ・金子、2日ぶり投球「おなかの痛みはほぼない」

[ 2013年2月9日 18:39 ]

 急性胃腸炎を患っていたオリックス・金子が2日ぶりに投球練習するなど、ほぼ全メニューをこなした。

 ブルペンではカーブなどを交えて約60球。「熱は下がった。おなかの痛みはほぼない。投げているときは気にならなかった」そうで「きょうは投げられればいいと思っていた」と早期復帰に胸をなで下ろしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月9日のニュース