摂津「際どいところに投げられた」 初の打撃投手

[ 2013年2月9日 19:47 ]

初の打撃投手を務めたソフトバンク・摂津

 ソフトバンクのエース摂津が初の打撃投手を務め、打者2人に約50球を投げた。松中に柵越えを許したが「普通に投げるんじゃなく、コースを意識した。際どいところに投げられた」と淡々と話した。

 役目を終えた後はブルペンへ。「打撃投手はどうしてもストライクを投げないといけないし、ネットがあって足のつき方も違うので」と修正点を確認した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月9日のニュース