伊藤隼 初の柵越え 持ち味のライナーで右翼席に運ぶ

[ 2012年1月30日 06:00 ]

 阪神のドラフト1位・伊藤隼(慶大)が、大器の片りんを見せた。

 沖縄・宜野座での合同自主トレ3日目。フリー打撃で初の柵越えを放った。「狙ったわけではないですよ」という32スイング目。内角寄りの球をライナーで右翼芝生席に打ち込んだ。柵越えに意味はないが「自分はライナーで低い打球を打って間を抜くのが基本。それでフェンスを越えたらホームランになる」と手応えを口にした。練習後にはファンの求めに即席サイン会を開き、汗を滴らせながらペンを走らせた。打球も注目も既に主力級だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月30日のニュース