イチローが太鼓判を押した男 ペーニャ誓った「連覇に貢献を」

[ 2012年1月30日 16:49 ]

入団の記者会見でポーズをとるソフトバンクの新外国人ペーニャ。右は秋山監督

 ソフトバンクの新外国人野手のペーニャが30日、ヤフードーム内で記者会見に臨み「チームがチャンピオンになるためにいかなる形でも貢献したい」と意気込んだ。

 2004年には米大リーグのレッズで26本塁打をマークするなど期待の大砲。マリナーズ時代に同僚だったイチローが王球団会長に、飛距離について太鼓判も押したという。秋山監督は「握手をしても握力が強かった。頼もしい」と笑顔で迎え入れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月30日のニュース