西岡10試合ぶり先発復帰 全3打席出塁にホッ!

[ 2011年8月31日 06:00 ]

ア・リーグ ツインズ0―3ホワイトソックス

(8月29日 シカゴ)
 腰と左脇腹を痛めていたツインズの西岡が、10試合ぶりに9番・遊撃で先発復帰を果たした。

 「完全試合男」バーリーに対し、四球、左前打、四球と全3打席で出塁。早くも4試合目の対戦となった左腕のボールになるチェンジアップを見極めるなど対応力の高さを示した。チームは敗れたが、上々の復帰戦に「いい状態で体が反応した。ヒットにできて良かった」と胸をなで下ろした。

 残り28試合は来季の正遊撃手の座を懸けた戦いとなる。ロン・ガーデンハイアー監督は「球数を投げさせたし、いい仕事をした」と及第点を与えたが、安心はしていられない。打率.221は自身が一番ふがいなさを感じているだけに西岡は「メジャーの試合に出ること。出ればどんな状態であっても全力でプレーすること。それが目標」と結んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月31日のニュース