福留 先制2点二塁打「うまく仕留められて良かった」

[ 2011年8月31日 11:11 ]

アスレチックス戦の3回、右中間に先制の2点二塁打を放つインディアンス・福留

 インディアンスの福留孝介外野手は30日、クリーブランドでのアスレチックス戦に「2番・右翼」で出場し、4打数1安打2打点だった。内容は遊ゴロ、右中間二塁打(打点2)、見逃し三振、遊ゴロで打率は2割8分3厘。試合はインディアンスが6―2で勝った。

 ▼福留の話 (2試合連続の先制打)早い回で点が取れたのは良かった。(相手先発の)持ち球が見られたし、打てる球をうまく仕留められて良かった。(チームは2連勝となったが)先、先のことを考えるより、とりあえず明日。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月31日のニュース