背番号「3」の吉川 立浪氏のDVD持参入寮

[ 2011年1月11日 06:00 ]

<中日・新人入寮>先輩・立浪氏と落合監督の本を持ち込んだドラフト2位・吉川

 中日新人5選手が、名古屋市内の「昇竜館」に入寮した。

 ドラフト1位の左腕、大野(佛教大)は、左肩の炎症で昨秋京滋大学リーグで登板なし。現在は心肺機能を鍛えているとして「やれることをやっていきたい」と焦る様子はなかった。また、09年に引退した立浪和義氏の背番号3を受け継ぐ同2位の吉川(PL学園)は、立浪氏のDVDを持参して「早く野球漬けの日々に慣れたい」と意欲を見せた。

 ≪大野 思い出の1球と入寮≫中日ドラフト1位の大野(佛教大)は思い出の1球を握りしめて入寮した。日本代表として出場した昨年7月14日のハーレム国際大会(オランダ)第5戦・キューバ戦で4-2の完投勝利を飾った時のもの。「1度キューバに負けていたけど、リベンジできた。キューバの打者にはそれまでの投球がまったく通用しなかったんで、野球観が変わりました」と力を込めた。粗削りな未来のエース候補は、プロの世界でさらに進化する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月11日のニュース