巨人、西武、ヤクルトのセキュリティー対策は…

[ 2011年1月11日 06:00 ]

 沢村(中大)が入団した巨人もセキュリティー対策は万全。川崎市のジャイアンツ寮、球場施設とも24時間警備システムを常備。新人合同自主トレが行われているジャイアンツ球場では3人の警備員が常駐している。

 大石(早大)が加入した西武は、9日に新人合同自主トレがスタートした所沢市の西武第2球場は若獅子寮も目の前だが、ファンとの接触は避けられる立地となっている。そのため期間中も警備員の配置はない。

 またヤクルトは、埼玉県戸田市のスワローズ寮に防犯カメラを設置。玄関など複数の入り口で人の出入りをチェックできる態勢を敷いている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月11日のニュース