斎藤らを表彰 日本学生野球協会

[ 2011年1月11日 17:49 ]

 日本学生野球協会は11日、2010年度の表彰者(大学26人、高校47人)を発表し、大学では日本ハムにドラフト1位で入団した斎藤佑樹投手(早大)らが選ばれた。エースで主将を務めた斎藤は東京六大学秋季リーグで50年ぶりとなる早慶による優勝決定戦を制した原動力となり、明治神宮大会の初優勝にも貢献した。

 高校は夏の甲子園大会で沖縄県勢として初制覇を達成し、史上6校目の春夏連覇を成し遂げた興南の我如古盛次主将が選出されたほか、秋田と愛媛と鹿児島からは軟式部員が受賞した。

 各連盟が推薦する今春卒業予定の部員が対象となり、文武両道などが選考理由となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月11日のニュース