NPB審判部長が米大リーグ審判員の会合に初参加

[ 2011年1月11日 19:59 ]

 日本野球機構(NPB)の井野修審判部長が米アリゾナ州フェニックスで開かれる米大リーグ審判部門のミーティングに出席することが11日、分かった。審判部門との人脈づくりや情報交換が目的で、関係者によると日本の審判員が参加するのは初めて。

 17日から行われる会合ではルール改正などが話し合われ、参加することで改正点を即座に把握できる利点がある。審判員の評価方法やビデオ判定の運用、グラウンドで起きるトラブルの対処法などの情報交換も進める。

 セ、パ各リーグで担当が分かれていた審判員がことし完全統合されることに伴い、大リーグの手法を学ぶことで審判部の強化を図る狙いがある。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月11日のニュース