松井稼「8年ぶりで張り切るところも出てくると思うので」

[ 2011年1月11日 17:14 ]

米大リーグから日本球界に復帰し、遠投で調整する楽天・松井

 米大リーグから8年ぶりに日本球界に復帰する楽天の松井稼頭央内野手が11日、東京都内で練習を公開し、キャッチボールやノック、打撃練習などで約3時間、体を動かした。

 メジャー時代は主に二塁を守ったが、楽天ではより長い送球が求められる遊撃手を任される見込み。「体を大きく使えるようにしたい」と遠投では一球一球丁寧に投げ込み、昨年から続けてきたトレーニングで体重も増やしたという。

 10月で36歳になる年男。「目標は毎試合出ること。8年ぶりのキャンプで張り切るところも出てくると思うので、自主トレでしっかり体をつくりたい」と抱負を語った。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月11日のニュース