自費キャンプも…涌井3度目も保留「現状維持ならサインできない」

[ 2011年1月5日 18:09 ]

 西武の涌井投手が5日、西武ドームで3度目の契約更改交渉に代理人同席で臨み、これまでの提示額と同じ現状維持の年俸2億円プラス出来高払いを保留した。

 今回も納得せず、判を押さなかった涌井は「希望額にいかなかった。越年は悪い事ではない。ちゃんとした評価をしてほしいので、変な気分ではない」と話した。トレーニングに集中するために次回の交渉は代理人だけが出席する予定。交渉が今月中にまとまらず、キャンプに自費参加となる可能性については「最悪の形も考えなくはない。現状維持ならサインはできない」と譲らない構えを示した。(金額は推定)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年1月5日のニュース