佐々木誠氏 NTT西日本の打撃コーチ就任

[ 2011年1月5日 06:00 ]

 西武、阪神などで活躍し、昨年まで社会人セガサミーの監督を務めた佐々木誠氏(45)がNTT西日本の打撃コーチに就任したことが4日、分かった。

 佐々木コーチは08年から率いたセガサミーを任期満了に伴って昨年限りで退任。昨年末にNTT西日本から打撃コーチの就任要請を受け、5日からチームに合流して指導を始める。同コーチは南海、ダイエー、西武、阪神の4球団で俊足強打の外野手として活躍。92年に首位打者と盗塁王を獲得した野球センスを生かした指導力には定評がある。NTT西日本は都市対抗22回出場の名門。打撃面のレベルアップを図り、電電近畿時代の65年以来の社会人日本一を目指す。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年1月5日のニュース