おかわり君「取りあえず振った」初の打ち込み

[ 2011年1月5日 15:55 ]

 西武の中村が5日、西武第二球場で体を動かし、室内練習場でことし初めて打ち込んだ。打撃マシンを相手に黙々と汗を流し「取りあえず振ったという感じ。ユニホームを着たらすぐに試合をできるようにしたい」と話した。

 2008年から2年連続で本塁打王に輝いたが、昨季は右肘を手術した影響もあって25本塁打にとどまった。肘の状態については「そんなに問題はない」と話し、2月のキャンプインを見据えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年1月5日のニュース