NY紙は冷ややか…ステロイドスラッガーの薬物告白

[ 2010年1月13日 08:03 ]

583発男マグワイア氏涙の謝罪…薬物認めた

ラルーサ監督「問題なし」マグワイア氏擁護

 米大リーグを代表する強打者だったマーク・マグワイア氏が11日に現役時代のステロイド(筋肉増強剤)使用を認めたことを受け、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は「ステロイド時代の告白方法」と題し、過去にスター選手が薬物使用を謝罪した方法から学んだ、と冷ややかな見方を示した。
 一方、USAトゥデー紙(電子版)は、マグワイア氏の野球殿堂入りに注目し、通算755本塁打を放ったハンク・アーロン氏の「私は許す。みんな許すべきだ」との談話を紹介した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月13日のニュース