馬原 高性能カメラ導入でVへ手応え

[ 2010年1月13日 06:00 ]

差し入れられたぜんざいを食べさせあう神内(左)と馬原(右は摂津)

 ソフトバンクの馬原が、熊本県内で自主トレを公開し「目標は優勝。そのために1年間マウンドに上がり続けたい」と抱負を語った。

 練習では、1000分の1秒まで解析できる約200万円のハイスピードカメラで投球フォームを分析。練習後は宿舎で映像を見て、フォームや球筋をチェックしている。「今回初めて導入した。リリースの瞬間やボールの回転が本当に鮮明に細かく分かる」と最新機器の導入に手応えをつかんでいた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月13日のニュース