中学時代の服着られた!菊池に待望の私服届く

[ 2010年1月13日 06:00 ]

菊池(左)は、涌井にあいさつする

 西武・菊池の元に待望の私服が届いた。

 中学時代に着用していたジーンズ、トレーナーなど上下2着を実家から送ってもらい、前日に寮に到着。早速、着てみたところ「ちゃんと(サイズも)入りましたよ」。当時から体重は約20キロ増だが「中学の頃は緩めの服を着ていたんです。ちょうど良くなった感じ」。13日の休日は「買い物です」と新たな私服をゲットする予定だ。

 ≪渡辺監督「まずは直球」≫視察に訪れた渡辺監督が、菊池について「変化球は不要」と力説した。「まずは直球。打者が一番嫌がるのはやっぱり真っすぐだし、分かっていても空振りが取れるようになってほしいね」。現在、菊池の持ち球は直球とスライダー。「10年はローテーションを守ってほしい」と願う指揮官は、球種を増やすよりまず最速155キロの直球を磨く方針だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月13日のニュース