京セラDにフィールド席 防球ネットは“ヤンキース式”

[ 2010年1月13日 19:02 ]

 オリックスは13日、本拠地の京セラドーム大阪にグラウンドレベルで観戦可能な「フィールドシート」を設置すると発表した。

 一、三塁の両ファウルゾーンにグレードの異なる2タイプの席を計150席設ける。またスタンドからの視界を広げるため、防球ネットは米大リーグのヤンキースタジアムをモデルにし、日本初という支柱のないつり下げ式を新たに採用する。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2010年1月13日のニュース