緩急30キロ差で巨人を幻惑!川井球団新の金字塔

[ 2009年7月30日 22:49 ]

7回3失点で11勝目を挙げ、ファンの声援に応える中日・川井

 【中日5―3巨人】中日の先発川井は7回3失点で球団新の11連勝を達成した。

 速度差が30キロほどある直球とカーブの緩急が有効で、巨人打線に的を絞らせなかった。0―0の4回に2点を失ったが、その後は打たせて取る投球でしのいだ。「少ない点に抑えて、流れを呼び込もうと思った。自分が投げるときはよく打ってくれるので、本当に助かる」と、野手への感謝の思いを口にした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2009年7月30日のニュース