PR:

【東尾修の視点】助かった〜岡田1死満塁ゲッツー斬り 千賀はジョーカー

WBC1次ラウンドB組   日本4―1オーストラリア ( 2017年3月8日    東京D )

<オーストラリア・日本>5回1死満塁のピンチを併殺で切り抜けた岡田に小林(左)が大喜びで駆け寄る
Photo By スポニチ

 いやあ、助けられたねえ。5回1死満塁のピンチ。岡田はボールを6球続けていたのに、ベレスフォードが2ボールから打ってくれて二ゴロ併殺打。私が監督なら「待て」のサインを出したと思う。投手心理を考えれば、1つストライクが取れたとしても、1球待たれたら嫌だもの。このピンチ脱出が今後につながる好循環を生んだ。

 もし岡田が押し出し四球を出していたら、WBC初登板が1死満塁の場面になっていた千賀。とても冷静には放れなかったと思う。それが6回頭からの登板になって、しっかり腕を振り、MAX155キロ。切れのいいスライダーでストライクを取り、真っすぐを見せてフォークで仕上げる。内野安打を1本許したものの4三振を奪って2回無失点。同じく初登板の宮西も8回をピシャリと抑え、連投の牧田も9回を3人で片付けた。

 前夜のキューバ戦で5点を失った7回以降をパーフェクト。首脳陣も不安を払拭(ふっしょく)できたと思う。石川に続いて菅野の好投で先発2枚にメドが立ったし、継投パターンも見えてきた。特に大きいのは千賀。2イニングいけるし、もっと後ろでも使える。2次ラウンドではジョーカー的な存在になると思うね。宮西もいいし、安心して投入できる駒がそろえば、後手に回ることはない。スパッと思い切った継投が可能になる。(スポニチ本紙評論家) WBC組み合わせ

[ 2017年3月9日 08:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月23日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ