PR:

東京六大学 春の新人戦を総当たりの「フレッシュL」に 出場機会増やす

 東京六大学野球が今春のリーグ戦で新たな試みに踏み切った。9日、同連盟の理事会が行われ、これまでトーナメント方式だった新人戦を「フレッシュリーグ」とし、各大学1回戦総当たりのリーグ戦形式で臨むことを決めた。

 これには部員数の増加がある。トーナメントでは1回戦で負けると1試合で終了。最高でも3試合しかなく、多くの選手に神宮球場での経験をしてもらいレベルアップにもつなげたい狙い。本来のリーグ戦開始時間は変えず、午前8時(早慶戦時は午前9時)から1時間50分を越えて新しいイニングに入らないという。開幕日(4月8日)プロ野球併用日、月曜日は開催しない。リーグ戦の第1試合と同カードを行い、新人戦のベンチに入った選手はその日のリーグ戦には出場できない。

 基本1、2年生が対象だが東大だけは1年生の入部が未定で3、4年生にも出場可能とした。4月9日の早大―法大戦がフレッシュリーグの“開幕日”となる。リーグ戦の料金で新人戦も堪能できる“お得感”もあり、ちょっと早く起きて神宮球場に出かけてみては?

 なお秋季リーグ戦は、フレッシュリーグの結果を見て継続するかトーナメントに戻すか検討する。

[ 2017年3月9日 22:37 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ