内村 体操協会アドバイザーコーチ就任、シニアとジュニアを幅広く指導

[ 2022年1月15日 05:30 ]

内村航平引退会見 ( 2022年1月14日 )

記者の質問に答える内村(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 内村が指導者として新たな役割を担うことになった。

 日本体操協会は14日の常務理事会で、男子の強化本部にアドバイザーコーチ部門を新設し、内村、白井健三氏らの就任を承認。具体的な活動内容は未定だが、シニアとジュニアの両方を幅広く指導していくという。

 協会関係者は「現役からすぐにコーチとなり、実績を強化選手やナショナル選手たちに伝えたい意図がある」と説明した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月15日のニュース