御嶽海 無傷の7連勝!阿炎が敗れて全勝は1人のみ 照ノ富士は連敗回避で1敗キープ

[ 2022年1月15日 17:57 ]

大相撲初場所7日目 ( 2022年1月15日    両国国技館 )

<初場所7日目>玉鷲(右)を寄り切りで破る御嶽海(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 大関獲りの足場を固めたい関脇・御嶽海は平幕・玉鷲を寄り切り無傷の7連勝。同じく全勝だった平幕・阿炎が敗れたため、全勝力士は御嶽海のみになった。前日に連勝が止まった横綱・照ノ富士は平幕・遠藤を寄り切りで下し、1敗を死守。大関・正代は3連敗を喫し、3勝4敗と優勝争いから大きく後退した。

 御嶽海は前日に横綱・照ノ富士の連勝を23で止める「金星」を上げ勢いに乗る玉鷲との一番だったが、冷静に寄り切って無敗をキープ。玉鷲との対戦成績を26勝3敗とした。

 一方、全勝だった阿炎は阿武咲に突き落としで敗れ初黒星。照ノ富士は寄り切りで遠藤を下し、1敗をキープ。優勝争いは全勝の御嶽海を、6勝1敗の照ノ富士と阿炎が追いかける展開となった。

 また、大関・正代は隠岐の海に寄り切りで敗れ3連敗。3勝4敗となり、逆転優勝を狙うには“絶望的”な状況となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月15日のニュース