ショートトラック日本代表が公開練習 混合リレートレからスタート

[ 2022年1月15日 09:55 ]

公開練習でトレーニングするショートトラックの選手たち
Photo By スポニチ

 ショートトラックの北京冬季五輪代表選手たちが15日、長野県南佐久郡で公開練習を実施した。

 午前9時前から始まり、男女混合によるリレーのトレーニングからスタート。その後は、ラップタイムを確かめながらインターバルで何度も周回する練習などが行われた。

 バンクーバー五輪スピードスケート男子500メートル銀メダリストで、18年からショートトラック日本代表チームのトップを務める長島圭一郎ヘッドコーチが見守る中で調整。この日に26歳の誕生日を迎えた菊池純礼(富士急)らが汗を流した。

 出場選手は以下の通り。個人戦に加え、日本は男子5000メートルリレー、混合2000メートルリレーに出場する。
 
 【男子】
 ・菊池耕太(24=恵仁会)
 ・吉永一貴(22=トヨタ・中京大)
 ・小池克典(21=全日空商事)
 ・宮田将吾(18=阪南大)

 【女子】
 ・菊池悠希(31=ANA)
 ・菊池純礼(26=富士急)
 ・神長汐音(22=全日空商事

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月15日のニュース