松山は66!金谷とともに日本勢最上位の24位スタート「ティーショットが安定していた」

[ 2022年1月15日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ソニー・オープン 第1日 ( 2022年1月13日    ハワイ州 ワイアラエCC=7044ヤード、パー70 )

第1ラウンド、10番でティーショットを放つ松山英樹。4アンダーで24位
Photo By 共同

 日本勢最上位は、ともに66で回った松山英樹(29=LEXUS)と金谷拓実(23=Yogibo)の24位だった。

 インスタートの松山は終盤8、9番で連続バーディーを奪い「上がり2ホールをバーディーで終われて良かった」と息をついた。前週乱れたティーショットが復調し、フェアウエーキープ率は78・57%。「状態が悪かったので、どうなることかと思ったが、予想とは違ってティーショットが安定していた」と振り返った。それでも、首位とは5打差あるだけに満足はしていない。「明日も伸ばしていかないといけない」と気を引き締めた。

 ▼24位・金谷拓実 出だしは緊張してバタバタしたが(前半の)13番でいいパーパットが入って、その後は落ち着いてプレーできた。初日は得意じゃないので、いつもより良いスタートが切れた。(3回目の出場で初の予選通過目指す)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月15日のニュース