グリズリーズの連勝が11でストップ マーベリクスのドンチッチは今季4回目のトリプルダブル

[ 2022年1月15日 14:56 ]

マーベリクスのドンチッチをマークするグリズリーズのモラント(AP)
Photo By AP

 NBAは14日に各地で9試合を行い、西地区全体3位のグリズリーズは地元メンフィス(テネシー州)で同5位のマーベリクスに85―112(前半55―50)で敗れて30勝15敗。前半で5点をリードして折り返したものの、チーム記録となっていた連勝は11でストップした。

 グリズリーズは2日連続の試合で、ここ5日間では4試合目。ジャー・モラント(22)が19得点と8アシストを記録したものの、後半に入って30―62と失速した。

 勝ったマーベリクスは23勝19敗。ルカ・ドンチッチ(22)が27得点、12リバウンド、10アシストで今季4回目のトリプルダブルを達成し、ここ8戦で7勝目を挙げた。

 東地区全体首位のブルズは地元シカゴ(イリノイ州)で西地区全体2位のウォリアーズを迎え撃ったが、96―138(前半47―78)で大敗を喫して27勝16敗。東京五輪の米国代表だったザック・ラビーン(26)はオフェンス・リバウンドをキープした際に左膝を痛め、試合開始から3分32秒でプレー続行不能となった。

 ウォリアーズは今季最大点差での勝利となって31勝11敗。ステフィン・カリー(33)は3点シュートを10本中4本沈めて19得点を稼いでいる。

 リーグ全体で最下位のマジックは敵地シャーロット(ノースカロライナ州)で4連勝中だったホーネッツに116―109(前半61―63)で勝って連敗を10で阻止。ヒートは地元マイアミ(フロリダ州)でホークスを124―118(前半64―70)で退けて4連勝を飾り、試合のなかったネッツ(26勝15敗)をかわして東地区全体で単独の2位に浮上した。

 <14日の結果>
マジック(8勝35敗)116―109*ホーネッツ(23勝20敗)
*ピストンズ(10勝37敗)103―87ラプターズ(20勝19敗)
サンズ(32勝9敗)112―94*ペイサーズ(15勝28敗)
*76ers(24勝17敗)111―99セルティクス(21勝22敗)
ウォリアーズ(31勝11敗)138―96*ブルズ(27勝13敗)
*ヒート(27勝15敗)124―118ホークス(17勝24敗)
キャバリアーズ(25勝18敗)114―109*スパーズ(15勝27敗)
マーベリクス(23勝19敗)112―85*グリズリーズ(30勝15敗)
*キングス(18勝27敗)126―114ロケッツ(12勝31敗)
 *はホームチーム

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月15日のニュース