【内村に聞く(3)】あえて「引退」発表…「競技者としてではなく、演技者としてやっていくのも」

[ 2022年1月15日 05:30 ]

内村航平引退会見 ( 2022年1月14日 )

花束を手に笑顔の内村(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 【内村に聞く(3)】

 ――体操に残せたものとは?
 「結果以外になんかあるのかな。結果を残していくことで、その先にある、体操を超えた他の競技の選手たちにもリスペクトされるような存在になれたというのは、非常にうれしかったかな、と。それは残したものじゃないんで違うかな…。残したものって何ですか?逆に(笑い)」

 ――「引退」という形を取る必要があるんだろうかと言っていたが、あえて「引退」として発表した理由は?
 「現役引退の定義を考えた時、試合に出ない、競技者じゃなくなるっていうところなのかなと思った。競技者として一回、身を引きますというのを発表した方がいいんじゃないかと思った。競技者としてではなく、演技者としてやっていくのもいいんじゃないかと思った」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月15日のニュース