石川遼の支援継続表明 所属先のカシオ「将来ある選手を支えることも所属企業としての責任」

[ 2021年11月24日 16:11 ]

<カシオワールドOP練習日>謝罪会見を開いた石川遼は、経緯説明の冒頭に深々頭を下げる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 男子ゴルフの石川遼(30=CASIO)は24日、自身の所属企業が冠スポンサーを務める国内ツアー、カシオ・ワールド・オープンの競技会場、Kochi黒潮CCで自主隔離中の違反行動について初めて公の場で謝罪した。

 石川の所属先であるカシオ計算機株式会社も公式サイトに「このたびは、当社の所属である石川遼選手の行動により、多くの方にご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございません」とお詫びを掲載。続けて「当社では、今回のJGTOの処分が相応であること、また、石川遼選手が深く反省していることを受けて、今後、本人が信頼回復に努め、ゴルフ界のさらなる発展に貢献することを期待し、将来ある選手を支えることも所属企業としての責任と考えました。石川選手への引き続きのご声援をよろしくお願いします」と支援を継続していくことを表明した。

 この日、Kochi黒潮CCのクラブハウス内に設けられた記者会見場にダークスーツ姿で現れた石川は冒頭、深々と一礼し「この度、私、石川遼が海外から帰国後の自主隔離期間14日間においてとった行動によってコロナ感染対策にご尽力をいただいている皆さまをはじめ、いつも応援をしてくださっている皆さま、そして、JGTO(日本ゴルフツアー機構)の皆さま、選手会の皆さまに多大なご迷惑をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。その後、用意されていた椅子には腰掛けず、立ったまま約45分間、謝罪と違反行動に関する事実関係の説明を繰り返した。

 ジャパンゴルフツアー選手会の時松隆光(28)をはじめとしたツアー仲間に対する思いについて質問が及んだ際には「男子ゴルフ界のイメージとつなげて考えられたり、語られたりするきっかけを自分がつくり出していたとしたら本当に自分の責任は大きいと思います。本当に自分はバカだなと思います」と涙で声を詰まらせる場面もあった。

  石川は既にJGTOから11月15日から1カ月間の出場停止処分を受け、ホスト大会のカシオ・ワールド・オープンを含む年内の4試合を欠場。JGTO副会長および理事の職も辞任している。来季も日本を主戦場にする予定だが、ツアーへの復帰時期などについては未定。今後、どういう形で失った信頼を回復していくかは所属先のカシオなどと協議して決めていく。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年11月24日のニュース