×

英莉花 連覇&初2週連続Vだ「良い戦いを」25日開幕今季最終戦ツアー選手権

[ 2021年11月24日 05:30 ]

原英莉花
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの今季最終戦となるメジャー、ツアー選手権リコー杯(優勝賞金3000万円)は25日、宮崎県の宮崎CCで開幕する。前年覇者の原英莉花(22=日本通運)が23日に会見に臨み、自身初の2週連続優勝&大会連覇に向けて「去年ここで勝てたのは自分の中で大きな1勝。今年も難しいコースを攻略して、良い戦いができるよう頑張る」と抱負を口にした。

 前週は腰痛を抱えながら大王製紙エリエール・レディースで今季3勝目。会場の愛媛から地元・神奈川に戻り、はりなどの治療を受けて宮崎に移動した。現在も腰の状態は「あまり良くない」と言い、治療に加えて練習ラウンドで1Wでのショットを極力控えるなど慎重に調整を重ねている。

 優勝するまで2カ月断酒してきたが、宮崎入りした22日だけは解禁。ハイボールを少し飲んで「最終戦頑張ろうという感じで。おいしかった」とリフレッシュした。新型コロナにより20、21年が統合された異例のシーズンも最終戦。22歳は「良い締めくくりができたら」と気合を入れた。

 《組み合わせ発表、萌寧&古江同組で女王「直接対決」》22日に第1日の組み合わせが発表され、メルセデス・ランキング順により、賞金ランキング1位の稲見と同2位の古江が同組となった。今大会は2人1組で回るため、賞金女王を争う2人の「直接対決」となる。賞金差は約1697万円で、古江が単独2位以上の成績を残さなければ稲見の女王が確定する。稲見は「もちろん(賞金女王に)なれたらいいけど、なりたいんだったらそこを考えている暇はない」とし、古江も「あまり賞金のことは考えていないので、この試合に集中できたら」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月24日のニュース