早大新人コンビ躍動!佐藤2Tでプレーヤー・オブ・ザ・マッチ!宮尾も1T

[ 2021年11月24日 05:30 ]

ラグビー 関東大学対抗戦Aグループ   早大40―33慶大 ( 2021年11月23日    秩父宮 )

<早大・慶大>前半40分、ラインアウトから佐藤が2つ目のトライを決め右手を挙げて雄たけび(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 早大はルーキーコンビが先発で存在感を発揮した。前半6分、ゴール前ラックで佐藤は宮尾からパスを受けると、体を左へ1回転させてタックラーをかわしトライ。前半終了間際にもモールで2トライ目を奪い、プレーヤー・オブ・ザ・マッチに選出された佐藤は「昨日から少し緊張していたが、強く賢くを個人テーマに置いていた」と有言実行の活躍。宮尾も劣勢の後半31分に自ら飛び込んで貴重なトライ。11カ月前には桐蔭学園と京都成章で花園決勝を戦った2人が、白星をたぐり寄せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月24日のニュース