三原舞依、3季ぶりGPで7位発進 観客席の“おかえり”に「ウルウル」

[ 2021年10月31日 05:30 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第2戦・スケートカナダ第1日 ( 2021年10月29日    バンクーバー )

大きなミスなく演じ切った三原(AP)
Photo By AP

 今月の北京五輪テスト大会を制した三原は7位だった。ルッツ―トーループの連続3回転で回転不足を取られて減点となったが、大きなミスなく演じ切った。

 体調不良による休養を経て、3季ぶりのGPシリーズ。観客席のフェンスに「ウエルカム・バック・マイ」という文字もあった。「名前がコールされた時も温かい声援、拍手を送ってくれて。その時点で凄くウルウルしていた。最後は涙があふれてきた」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月31日のニュース