フェンシング日本代表・見延 金メダル報奨金1億円の行方は…ダウンタウン浜田も納得「俺と一緒やん」

[ 2021年10月31日 21:55 ]

東京五輪フェンシング・エペ団体で金メダルを獲得した見延
Photo By スポニチ

 東京五輪フェンシング・エペ男子団体で金メダルを獲得した見延和靖(34)が31日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)に出演。スポーツ史でも異例の報奨金となった1億円の“裏話”を披露した。

 見延はダウンタウンの浜田雅功が“自腹を切って”高額オゴリを行う人気企画「コストコ カートに詰め放題」に出演。以前番組内で約束したという高額「4Kテレビ」や、フェンシングの道具をメンテナンスするための大きな作業台など計14品25万5641円相当を浜田から“プレゼント”され大喜び。

 東京来てからまだ一度もテレビを置いたことがないというコンクリート打ち放しのオシャレな自宅にテレビが届くと「これで3年後のパリも連覇間違いなしです。ありがとうございました」とメッセージを残した。

 ともに出演していたタレントで日本フェンシング協会会長の武井壮から自宅にジムがあること明かされると、浜田からは「ジムが家にあるならテレビもあるやろ」と鋭いツッコミ。続けて武井から「所属の会社から金メダルのボーナスが1億円出たので、これからさらに充実していくと思います」と説明されると、再び浜田から「(テレビを)返せ!!お前は(カゴに入れたもの)もう全部返せ」とツッコまれ笑いが起こった。

 すると武井がすかさずフォロー。見延に対し「でも心が清らかで1億円決まったときも、みんな団体で獲ったものなので全員で均等に割ってもいいですかって、僕に相談してきてくれたんですよ」とエピソードを披露。浜田も「俺と一緒やん」と調子よく合わせた。

 所属するアミューズメント企業ネクサスの本社で報奨金1億円を贈られた見延だったが、あまり手放しで喜べなかったようで「浜田さんもよくご存知だと思いますけど、半分は税金で納めないといけないんです」と説明。浜田も納得したように「わかるでー」と笑顔で答えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月31日のニュース