三浦龍司 東京五輪での入賞「パリ五輪に向けてもプラスになった」 千葉・印西市市長特別賞受賞

[ 2021年9月21日 11:34 ]

印西市長特別賞を受賞した三浦(左)と感謝状を贈呈された泉谷                               
Photo By スポニチ

 東京五輪の陸上男子3000メートル障害で日本人初の7位入賞を果たした三浦龍司(19=順大)が21日、練習拠点のある千葉県印西市から市長特別賞を受賞した。三浦は「(東京五輪では)個人の目標だった決勝進出、入賞をすることができた。パリ五輪に向けてもプラスになった」と五輪での戦いを振り返った。

 今後はトラックから駅伝に切り替え、地元・島根で開催される出雲駅伝(10月10日)に出場する予定。「陸上を通して地元で走る機会を得ることができてうれしい。島根で結果を出すことが大きな意味を持っている。十分な調整をして良いパフォーマンスしたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月21日のニュース