照ノ富士 横綱で初黒星、もろ差し許しあっさり…師匠「いつもより気合不足」

[ 2021年9月21日 05:30 ]

大相撲秋場所9日目 ( 2021年9月20日    両国国技館 )

大栄翔(手前)に寄り切りで敗れた照ノ富士
Photo By 共同

 横綱として初黒星を喫した照ノ富士は今場所初めて取材に応じず、国技館を後にした。優勝経験のある大栄翔に対し、立ち合いで左上手を探ったが、つかんだのは下がり。動きが止まった後に左喉輪で上体を起こされ、もろ差しを許してあっさり土俵を割った。八角理事長(元横綱・北勝海)は「下がりを取っちゃったから、そればかり気になったんだろう」と指摘した。

 勝って9日目で後続に2差をつければ優勝確率100%だった。審判長を務めた師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)は「いつもより気合が不足していたような感じだ」と印象を語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月21日のニュース