全空連・香川強化委員長、植草へのパワハラ謝罪「気遣いが及ばなかった」

[ 2021年4月8日 05:30 ]

植草へのパワハラ疑惑で強化責任者を辞任する香川氏
Photo By 共同

 空手の東京五輪組手女子61キロ超級代表、植草歩(28=JAL)からパワーハラスメントを受けたと訴えられた全日本空手道連盟(全空連)の香川政夫選手強化委員長(65)は7日、同選手に対し「細部への気遣いが及ばなかったことは申し訳なく、大変悔やまれるばかりです」と謝罪する文書を発表した。

 文書は7日付で、香川氏は選手強化委員長と理事を辞任する意向を6日に全空連に伝えたことを明らかにした。理由について「空手界全体に多大な迷惑を掛け、混乱を招いた責任を痛感し、自ら早急に進退を明らかにすべきだと判断した」と説明した。全空連は、3月31日の倫理委員会で、香川氏の竹刀を使った練習により植草選手が目を負傷したと認定。9日に臨時の常任理事会、理事会を開き、香川氏の処遇や処分内容を協議する。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月8日のニュース