渡辺 100に続き200平も佐藤に完敗…五輪切符逃し涙「整理できていない」

[ 2021年4月8日 05:30 ]

競泳日本選手権兼五輪代表選考会第5日 ( 2021年4月7日    東京アクアティクスセンター )

競泳日本選手権男子200メートル平泳ぎで3位に終わった渡辺
Photo By 代表撮影

 男子200メートル平泳ぎ前世界記録保持者の渡辺は派遣標準記録に届かない3位で五輪切符を逃し「結果をまだ整理できていない。こんなに悔しいとは思わなかった」と涙を流した。

 100メートルに続き、世界選手権2大会連続銅メダルの200メートルでも佐藤に完敗。トレーニングを変えるなど「人生の中で凄く頑張った」という数カ月を過ごして大一番に臨んだが、2度目の五輪出場はならなかった。それでも最後は「代表権を獲得した2人には東京五輪で大暴れしてほしい」とエールを送った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月8日のニュース