林享氏 修正力光った佐藤&伸び盛り武良 2人とも金、世界記録狙える

[ 2021年4月8日 05:30 ]

競泳日本選手権兼五輪代表選考会第5日 ( 2021年4月7日    東京アクアティクスセンター )

競泳日本選手権男子200メートル平泳ぎ決勝で優勝した佐藤
Photo By 代表撮影

 【林享の目】男子200メートル平泳ぎで優勝した佐藤は準決勝の3位からしっかり修正し、自分のペースを変えずに最後まで泳ぎ切った。100~150メートルでスピードを落とすケースが見られたが、決勝では逆にスピードを上げて武良、渡辺との差を広げた。前半で力をセーブしながら、後半テンポを上げてバテることなく泳いだことが勝因になった。日に日に筋力がつき、ストロークも格段に強くなっている。

 佐藤も成長しているが、それ以上に2位の武良も伸び盛りだ。五輪でのライバルの筆頭は世界記録保持者のチュプコフだが、今回は十分アピールできる結果だった。2人とも金メダル、世界記録を狙える。

 池江はバタフライより自由形の方が自信を持っている。前半余裕を持って入って、後半飛ばす準決勝のレースは、調子のいい時にたまに見せていた。ただ、五輪選考会でやるとは思わなかった。個人種目の派遣標準記録を見据えた泳ぎで、決勝では53秒前半のタイムは出せる計算だ。(92年バルセロナ五輪100メートル平泳ぎ4位、東海学園大監督)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月8日のニュース