萩野 男子200個人メドレー全体1位で決勝へ「死ぬ気で泳ぐ」瀬戸は2位

[ 2021年4月8日 05:30 ]

競泳日本選手権兼五輪代表選考会第5日 ( 2021年4月7日    東京アクアティクスセンター )

競泳日本選手権男子200メートル個人メドレー予選、スタートする萩野(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子200メートル個人メドレー準決勝で萩野は1分58秒07をマークし、全体1位で決勝進出。「バタフライがもう少し速く入れたら、と思うので決勝では修正したい。最後の自由形は余力があるので死ぬ気で泳ぎたい」と意気込んだ。

 すでに同種目で五輪内定している瀬戸は1分58秒30の同2位で突破。8日の決勝へ「めっちゃ良い刺激と練習になった。公介との勝負を楽しみながら泳ぎたい」とライバル対決を心待ちにした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月8日のニュース