羽生結弦らストックホルムから帰国「お疲れさまでした」抗原検査で陰性、隔離へ

[ 2021年3月30日 10:03 ]

フィギュアスケートの世界選手権を終えて帰国した羽生結弦(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 スウェーデン・ストックホルムで行われたフィギュアスケート世界選手権で銅メダルを獲得した男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(ANA)と、4位に入賞した18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が30日、羽田空港着の航空機で帰国した。

 2人は入国前の抗原検査で陰性となり、先に到着ゲートに姿を見せた宇野は軽く会釈をして帰路へ。続いて羽生が到着ゲートに現れ「ありがとうございました。お疲れさまです。隔離されます。ありがとうございます」とコメントした。2人はそれぞれ空港から専用車両で隔離のためのホテルに向かった。

 羽田空港の取材は密集を避けるため、代表取材、代表撮影で行われた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年3月30日のニュース