×

長野市の聖火リレーは善光寺や到着式典は無観客 高齢者に観覧控えるよう呼びかけ

[ 2021年3月30日 16:20 ]

国立競技場とJOCビル前の五輪マーク
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、長野県が新型コロナウイルスの感染状況に対応して29日に長野市の警戒レベルを5に引き上げたことを受け、4月1、2日に同県内で予定されている五輪聖火リレーが県独自の感染対策の下で実施されると発表した。感染警戒レベルの高い長野市内では1日の聖火到着式典を無観客で実施し、密集が予想される善光寺仲見世通りでのリレーも無観客とする。また、同市内では高齢者や基礎疾患のある人は沿道での観覧を控えてもらうという。

 長野県の聖火リレーは4月1日午前に軽井沢町を出発し、上田市や白馬村などを経て同日夜に長野市へ到着。2日には飯田市を出発して松本市へ到着するルートとなっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月30日のニュース