IOCバッハ会長 東京五輪実現へ「後任と手を携えて協力続ける」

[ 2021年2月13日 05:30 ]

東京五輪組織委 森会長辞任、川淵氏就任辞退で白紙

IOCのバッハ会長(AP)
Photo By AP

 組織委の森会長が辞任を表明したことを受け、IOCは声明を発表した。バッハ会長は森会長の決断に理解を示した上で「長年の素晴らしい貢献に感謝したい。東京を史上最も準備の整った五輪都市にすることに助力した」と称賛。「IOCは安全で安心な東京五輪を実現するために後任と手を携えて協力を続けていく」と語った。

 大会の準備状況を監督するIOC調整委員会のコーツ委員長も「強力かつ有能なリーダーで、新型コロナウイルスのパンデミックという最も困難な状況でも解決策を見つけてくれると信頼できた」と称えた。国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長も「7年にわたる組織委への貢献とリーダーシップに感謝する」とコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月13日のニュース