室伏スポーツ庁長官「重く受け止め」、後任会長人事に望む「クリアな形で選定」

[ 2021年2月13日 05:30 ]

東京五輪組織委 森会長辞任、川淵氏就任辞退で白紙

スポーツ庁の室伏広治長官
Photo By スポニチ

 かつて組織委スポーツディレクターとして森喜朗会長と共に大会準備に携わったスポーツ庁の室伏広治長官は会長の辞任を受けて「ご本人の判断で辞任されるということで、我々も受け止めた」と神妙な面持ちで語った。

 森氏の女性蔑視発言については「不適切」と指摘し「世界からこういう形で注目され、スポーツ界として重く受け止めている」と述べた。後任会長人事で望むことには「クリアな形で選定されること。大会まで6カ月で、かなりの手腕が求められる」との考えを示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月13日のニュース