森会長 職員にメールで謝罪「課題残して職を辞することは、痛恨の極み」

[ 2021年2月13日 05:30 ]

東京五輪組織委 森会長辞任、川淵氏就任辞退で白紙

東京五輪・パラリンピック組織委の理事会と評議員会の合同懇談会で辞任を表明し、一礼する森会長
Photo By 代表撮影

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)は12日、職員に宛てたメールで「(開催まで)階段数歩のところまで来られました。苦労の数々を思い起こすと、オリンピック・パラリンピックはつくづく、高い山だなと思います」と道半ばで退く心境をつづった。

 メールでは一連の問題について改めて謝罪。「大事な時期に、山積する課題を残して職を辞することは、痛恨の極みです。本当に申し訳ありません」と記した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月13日のニュース