原英莉花 勝利の瞬間は「パーパットを外して緊張マックス…反省ですね」

[ 2020年11月30日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ツアー選手権リコー杯最終日 ( 2020年11月29日    宮崎県 宮崎CC=6543ヤード、パー72 )

18番、優勝を決め安堵の表情を浮かべる原(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 「黄金世代」の原英莉花(21=日本通運)が3バーディー、3ボギーの72で回り通算10アンダーで、10月の日本女子オープンに続くメジャー2連勝となる通算3勝目を挙げた。初日から首位を守る完全優勝で、年間メジャー2勝は史上15人目。今年国内最終戦での勝利で、5年のシード権も獲得した。海外メジャー初挑戦となる来月10日開幕の全米女子オープンに向けても、弾みをつける1勝となった。

 【原英莉花に聞く】
 ――自身初の完全優勝を果たした気持ちは。
 「本当にうれしい気持ちでいっぱいです。4日間の試合で勝てたのは自分にとって大きい」

 ――優勝の瞬間はホッとした表情。
 「(18番で)パーパットを外して、緊張マックスでした。最後のボギーは反省ですね」

 ――開幕前に神様の夢を見たことを明かしたが、昨夜は?
 「見たんですけど忘れちゃいました。6時くらいに目が覚めて、そこからずっと呪文を唱えていました。すんごい苦手な優勝スピーチを寝ぼけながら(笑い)」

 ――メジャー2勝した2020年を1文字で表すと。
 「幸(さち)です。やっぱり、2勝できたのが大きいです」

 ――この1年を「大きな第一歩」と表現したが、その先は?
 「まだシーズンは(来年も)続くので、賞金女王だったりそういった一歩にもつながる。海外で戦いたい思いもあるので、そこに向けても自信になる第一歩になりました」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月30日のニュース