×

W杯複合男子個人第3戦 渡部暁斗が9位 後半距離で順位落とす

[ 2020年11月30日 05:30 ]

W杯複合男子個人第2戦で3位となり、表彰台で両手を掲げる渡部暁斗
Photo By 共同

 ノルディックスキーのW杯複合男子個人第3戦が29日、フィンランド・ルカで行われ、渡部暁斗(北野建設)は9位だった。

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS142メートル)は強風のため中止となり、26日の予備飛躍の成績を採用。7位で迎えた後半距離(10キロ)で順位を落とした。

 28日の個人第2戦では3位で今季初の表彰台に立った。イエンスルロース・オフテブロ(ノルウェー)がW杯初勝利。渡部善斗(北野建設)は19位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は26位、木村幸大(中大)は30位だった。山本涼太(長野日野自動車)は予備飛躍でジャンプスーツの規定違反のため失格だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月30日のニュース