上地、感染対策不安も逆転4強「ボールに入る動き意識した」

[ 2020年10月8日 05:30 ]

テニス全仏オープン第11日 ( 2020年10月7日    パリ・ローランギャロス )

車いすの部女子シングルスで4強入りした上地結衣(共同)
Photo By 共同

 車いすの部女子シングルス1回戦で第2シードの上地結衣(26=三井住友銀行)は勝利し、4強入りした。

 第1セットはタイブレークで5―2とリードし、セットポイントも先に握りながら落とした。それでも上地は冷静だった。「ボールに入る動きをより大きく意識した」と力強さを取り戻し、第2セットからは打ち合いで主導権を奪った。準優勝した全米オープンでは新型コロナウイルス対策は万全と感じたが、全仏は「大丈夫かなと思う点は多々ある」。感染が再拡大するパリでコート外での不安も抱えながら赤土の舞台で頂点を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月8日のニュース