サーフィン女子の都筑有夢路 IMGとマネジメント契約締結、世界最高峰のチャンピオンシップツアー参戦

[ 2020年10月8日 15:42 ]

都筑有夢路
Photo By スポニチ

 サーフィンで、日本女子で初めて世界最高峰のチャンピオンシップツアー(CT)参戦を決めた都筑有夢路(あむろ、19)が8日、インターナショナルマネージメントグループ・オーヴァーシーズLLC東京支社(IMG Japan)とマネジメント契約を締結したと同社が発表した。

 IMGはテニスの大坂なおみ、錦織圭、フィギュアスケートの紀平梨花、卓球の石川佳純など、多くのトップアスリートの代理業務やマネジメントサービスを行っている。サーフィンでは五十嵐カノアに続き、2人目となる。

 11歳からサーフィンを始めた都筑は、昨年9月にスペインで行われたCTの参戦権を争う予選リーグ(QS)最高ランク大会、「アバンカ・ガリシアクラシックプロ」で日本女子初優勝を果たし、爆発。同年にアジア人で初めて世界サーフリーグワールドジュニアチャンピオンを獲得し、飛躍の一年となった。

 IMGは「ワールドタイトルを目指し、今後もますます活躍が期待される都筑選手をIMGがさまざまな面においてサポートしてまいります」とコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月8日のニュース